わかちあいとは?

勤務先などで、ファシリテーターになりたいなら理解必須の用語、今日は「わかちあい」です。

ファシリテーションスキル向上目指して楽しんでいきましょう。

「わかちあい」の意味

英語のshareの邦訳である。体験学習では、体験後の学習者一人ひとりが気づいた事柄を話し合う作業を指す。またわかちあう時間をグロウスタイムという。

しかし、巷の自己啓発セミナーでは、大勢の前で自分の感情を吐露することを『わかちあい』と呼んだり、研修に参加して良かったと言う体験を『わかちあう』ということで勧誘をすることを指している場合もあるので、この言葉の使用には要注意である。


ファシリテーションスキルアップには、実践が何より大切です。壁を一つずつ乗り越えていきましょう。